ブログ

| ブログ

老舗とベンチャー

こんにちは、Maclogicの上田です。

マクロジックは福岡の久留米で創業しました。

始めは7LDKの空き家から仕事を開始し、人員拡大のため大名に移転しました。

また、今月7月から事務所を拡大し大名に2カ所かりるまでになりました。
ビジネスを拡大するにあたって、人口の多いところに移動をしていく。

これは世の常なのかもしれません。

1番街と呼ばれていた久留米の商店街は自分が久留米に住み始めた2017年にはシャッター街と化していました。

50代の先輩方には「昔は歩けないくらい混んでたっちゃんねー」とよく話を聞きます。
マイナーが無視されメジャーにとられていく。

近くに大手ショッピングモールができたことにより、シェアを取られ太刀打ちができなくなってしまいました。

伝統工芸品もその一部だと思います。

私の生まれた平成2年(1990年)の生産額は5081億円それから15年立った2015年の生産額は1833億約3分の1までになってしまいました。

従事者の高齢化による自然減が続き、また、海外からの安価な輸入品の増大等により、需要が低迷し、 生産額は減少傾向にあります。

自然に衰退していき、減っていくものを無理やり残す意味があるのかはさておき、
いいもの、受け継いできたものが自分たちの代で終わってしまうのは悲しいことだと思います。

はやくマクロジックとして力をつけ高くても品質のいいもの、ストーリーのあるものを販売できるように展開していきたいと思います。

| ブログ

ビジネスの終焉について

新年が明けて、まだ1ヶ月・・・。子供の成人式があったり、12年ぶりのインフルエンザに罹り、自宅待機したりと
2018年はまだまだ本調子でスタートを切れずくすぶっている中、めずらしい人から1本の電話が入った。
「けんぞうくん、久しぶりじゃな(笑)、わしじゃけど!」
声の主は、数年ぶりに聞く懐かしいお客さんだった。
15年程前までは、営業車を運転して、ルートセールスを行うバリバリの営業マンだった。

2トントラックのハンドルを握りしめ、ラジオからは雑音混じりのAM局アナウンサーが地方の情報を届けるのを、思考なしに
聞いていたのを思い出す。
電話のお客さんの店までは、非常に遠く、片道4時間は運転していた。
その懐かしいかたからの突然の電話、しかも夜分である。

「こんな遅くにごめんなぁ~。あのな、店を廃業しようと思って・・。色々迷惑かけてすまんかった。」

突然の振りに言葉を失った。聞けば、広域量販店、インターネット通販の影響で年々売上が落ちているとの事。
さらに市場も縮小して、常連さんも廃業しているのが原因という。
私も、本業の業界に入って22年目、20年という年月は時代の大きな変化をもたらすが、お世話になった方の引退のニュースは
非常につらかった。
連絡のお礼と、今後のお付き合いをお約束して電話を切ったが、何とも言えぬ寂しさが残った。
Eコマースビジネスの歴史もまだ高々20年である。業界は右肩上がり、EC化率はまだまだ伸びるという。
しかし、物事には終焉がある。いつか同じ話題を繰り返し話しているかも知れぬ。
自分の引退までは、まだまだ輝かしい成長産業であることを願うばかりである。

| ブログ

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます!
旧年中は格別のご厚情を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。
ネット通販業界は、未だに運賃値上げの問題が未解決のままで、どの店舗さんも利益の圧縮に苦しんでいる最中と思います。だからこそ戦略を思い描きそれを実行する手段が大切です。
日頃より、効率を意識した仕事の進め方で、小さな成功を我々と供に積み上げていきましょう。
貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げますとともに本年もなお一層のお引き立てを賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成三十年 元旦
代表取締役
平城賢三