【大手クーポンサイトを経て。美容業界で大切な3つのこと】

サロン運営において、効率よく売上を最大化するということがどのサロンにとっても課題だと思いますがその中でも最も重要だと感じる項目をまず3つご紹介します。

【美容業界で大切な3つの事】

 

① 【集客サイトに搾取されないサロン運営】

大手クーポンサイト運営会社の営業をしていた時、全体の売上の8~9割をクーポンサイトからの集客で賄っているというような経営をしているサロンが多くありました。
広告やクーポンサイトは効率よく集客することにおいてとても重要ですが、いつまで経ってもクーポンサイトがなければ経営が成り立たない状態では本当の意味での生涯顧客の獲得は難しくなってきます。
本当に売上を上げているサロンは高いプランであっても低いプランであってもその広告に依存することなく「上手く」利用して集客をしています。

 

② 【ウリの出し方を間違えない】

年々人口が減少している中で美容サロンの店舗数は増え続けています。
同じエリア内に低価格サロンが参入し、どんどん競合が増えていく中でどうすれば戦っていくことができるのかがどのサロンにとっても課題です。
「丁寧なカウンセリング」「リーズナブル」「高技術」どこのサロンもウリとして広告に記載していますが本当に顧客のつく方法は、「丁寧に時間をかけて施術すること」でも「マーケットに合わせて金額を下げること」でもなく、通いやすいと思われる「金額設定」やリピートしやすい「システム作り」そして、「早い(スピード)高い技術を身につけること」です。そうすることで、お客様は満足感を得ることができ、お店としても時間単価があがり売上につながる。そしてそれが結果として技術をウリにできる人気サロンとしての「評判」に繋がります。

 

③ 【安定的な人材採用】

常につきまとう問題が「人」の問題です。美容業界の3年以内の離職率は50%を越えると言われており、女性の多い業界なので急な結婚・妊娠での退職や、業界的に離職率が高い業界であることも確かです。
ただ一番気を付けなければいけないのは採用が難しいからと言って採用基準を下げることです。採用基準を下げるのではなく、企業の「価値」を上げ、働きたい企業にすることが何よりも重要です。
人がやめない、採用に困らないサロンづくりをすることで良い人材を採用することができ、そうすることで「人材育成」に時間を必要以上に割く必要もなくなるという好循環を作り上げることが理想です。
足りないから補うのではなく、1年後のこうなりたい未来のためにどんな人材が必要かを考え通年を通していつでもマッチングできる環境づくりが重要です。

 

是非、この機会に上記の内容を参考にして現状を確認して頂けると幸いです。

関連記事

  1. ホットペッパー サロンボードマスターへの道

  2. 集客で勝つためには

  3. 美容業界の動きと美容室の方がかかえるお悩み編

  4. ブログ機能 ~ホットペッパー サロンボードマスターへの道~

最新のブログ

2020年1月
    3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

Instagram