集客で勝つためには

美容業界の出店数は年々増加しており、2020年段階で過去最高の店舗数を記録。
合計美容院数は約248,000店舗(厚生労働省衛生行政報告調べ)というデータが出ています。全国のコンビニの数が約56,000件。それに比べても本当に多い数だと思います。

美容室を経営されているオーナー様も、同じエリアの美容室の競合の多さは実感されていることだと思いますが、そのエリアで勝っていくためにどのような取り組みをされているでしょうか。

そして様々な取り組みをしていても、なかなか解決できない問題があると思います。

■新規客が少ない
■既存客に繋がらない
■単価が低い

では、「何故」様々な取り組みをしているつもりなのにその現状の課題が解決されないのでしょうか。

例えば、Hotpepper Beautyの高いプランで打ち出しているのになかなか思った数の新規数を獲得できない、という悩みに対して。

自分のサロンが、周りのサロンの「カットカラー」価格と、どれだけ金額や施術時間に差があるのか知っていますか?

近くのサロンがどんな広告を出して、どんな層をターゲットに集客をしているか知っていますか?

また、単価を下げたくないという悩みに対して。

単価は下げたくないので金額は高くしているけれど施術時間が長くて実は時間単価はとても低いというようなことは起きていませんか?

Maclogicでは、その課題要因をすべて仮設立て、分析し課題解決を提示します。
エリアで勝つためにはエリアを知り、戦い方を知ることが大事です。

ご相談は無料ですのでお気軽にご連絡ください

関連記事

  1. 美容業界の動きと美容室の方がかかえるお悩み編

  2. 【大手クーポンサイトを経て。美容業界で大切な3つのこと】

  3. ホットペッパー サロンボードマスターへの道

  4. ブログ機能 ~ホットペッパー サロンボードマスターへの道~

最新のブログ

2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Instagram