売上を最大化させる!タスクを効率よく行うための3つのコツ

ネット通販を行う上で、売上を上げるためにさまざまなタスクが発生します。
ただ人手が足りない、やり方がわからない、時間が足りない・・・などの問題で、手当たり次第にタスクを行うことで、知らないうちに【やりたい事】から【やらなければいけない事】に変わりがちだと思います。
その悪循環から抜け出すために、タスクの優先順位をつけるときのコツを3つお伝えします!

①出品時の優先順位

出品したい商品がたくさんあるのに、ページ制作に時間がかかって出品ができない…。と、考えているうちに季節モノの商品などがトップシーズンに追い付かずに、在庫過多になってしまい安売りしないと売れない…なんてことはありませんか?
まずは、お客様が購入できることが最優先です。確かにページを完璧に作った上で販売した方が、販売機会の損失を防げるのではないかと考えがちです。
ただ、そもそも買い物カゴがついていなければお客様はどんなに良い商品でも購入することはできません。まずは、買い物カゴをつけるために簡易的なページでも構いませんので、商品を”出品”することを意識しましょう。

【出品の流れ】
1.簡易ページ:FV(商品のイメージ画像)とサイズ・カラーバリエーション画像と仕様表のみ
2.ミドルページ:簡易ページに商品のスペックなどを追加する。
3.ロングページ:競合と比較をしながら差別化できるポイントを深堀していく。

②デバイス毎の優先順位

4,5年前まで楽天市場のPCとスマートフォンのユーザーの割合はPCの方が7対3程の割合でしたが、今現在逆転しておりスマホのユーザーが多くなってきております。
特にWowma!については、98%程がスマートフォンユーザーでありPCでネット通販を利用するお客様は減ってきております。
ネット通販の運営管理を行う際には、もちろんPCで作業することが多いと思います。そのため、PCに注力しがちですがスマートフォンの改善・強化を行った方が上記の理由もあるので効果が見えやすいです。
最近では、縦にスクロールするお客様よりも横にフリックするユーザーが増えてきていますので、そのあたりの商品ページの登録の仕方も意識して行う必要があります。
お客様に買い物しやすい環境を作り、店舗内でたくさんお買い物してもらいましょう!

③差し込み案件と既存案件の優先順位

今週はこのスケジュールで進めていこう!と思っていても、差し込み案件などが増えてなかなかスケジュール通りに進めていく事が難しいです。ただその差し込み案件自体も、優先すべきかどうかを判断する必要があります。
基本どの軸で優先順位を決めていくかは、

1.お客様にご迷惑をお掛けしてしまう内容の対応
2.短期的に売上に直結する内容
3.長期的に売上に影響がある内容

上記を基準に進めていくと回り道をせずに効率よく対応ができると思います。

最後に
「ロー・ハンギング・フルーツ」という言葉があります。【フルーツ】を【成果】という意味に置き換えることができ、低いところにぶら下がっているフルーツ、つまり【簡単に手に届く成果】という意味になります。わざわざ高いところについているフルーツを取りに行こうとして、木を登ったりしても時間も手間もかかります。
まずは手に届くフルーツから手にとる方が合理的です。早く成果を出すことができれば、さらなる成果のブラッシュアップにも取りかかれて、より良いサイクルを生みだします。季節ものなどの準備もトップシーズンの1、2か月前から注力していかなければシーズンに乗り遅れてしまいます。
今何が優先かを常に考えながら効率よくタスクを行っていきましょう!

関連記事

  1. セール企画  セールを効率よく効果的に!

  2. スタートダッシュ

    楽天市場に出店する前に準備すべき5つのポイント

  3. 楽天スーパーSALEで準備しないといけない事

  4. フローティングバナーの設置方法

  5. ECモールそれぞれの特徴と出店のメリット

  6. ~レビューの活用方法~

最新のブログ

2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Instagram