ECモールそれぞれの特徴と出店のメリット

皆様、ブログのご拝見いただきありがとうございます。
マクロなことをロジカルに考える、Maclogicでございます。

今回は今後楽天に出店される事にご興味のある方に向けて、数あるECサイトの特徴と出店のメリットをご紹介していきます。
どのECモールに出店されるか迷っている方はご参考の一つにしてください!

目次
・ECサイトとは
・ECサイトの特徴
・モール型ECサイト
・自社ECサイト
・まとめ

ECサイトとは

ECサイト(electronic commerce site)とは、インターネット上で商品を販売するWebサイトのこと。
ネットショップ以外にもネットオークションサイト、コンテンツ配信サイト、オンライントレードのサイトなども含まれていますが、ここでは「ECサイト=ネットショップ」と定義して、話をすすめていきます。ECサイト(ネットショップ)には、営業時間や休業日の概念が一切ありません。
「いつでも・どこでも・誰とでも」取り引きを行い、利益をあげることが可能です。
もちろん時差も関係なく、世界中の国や地域とビジネスができます。
EC事業を成功させるためにはそれぞれのECサイトの特徴を把握することが大切です。
自分でECサイトを立ち上げるか、ECモールに出店するか迷われている方もいると思います。

ECサイトの特徴

ECサイト(ネットショップ)の運営手法は、下表のように「モール型サイト」「自社ECサイト」の2種に分けることができます。
Amazonや楽天のように多数の企業が加入しているショッピングサイトが「モール型サイト」です。
企業単独のショッピングサイトが「自社ECサイト」となります。

種類 概要
モール型サイト 多種多様なショップが集まっている仮想商店街。
こちらは自社ECサイトを作ることとは違うので、ECサイト出店・モール出店と表現します。
モール型のECサイトはモールが提供するシステムを利用し、決済もモールが代行します。ショップのひな型や店舗管理システムが用意されているので、出展者はECサイトを自分で構築する必要がありません。
Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング
自社ECサイト 自社サイト型は自分でECサイトを構築するタイプです。
全く何もないところから立ち上げるケースや、「ECサイト構築ツール・サービス」「ショッピングカート・サービス」を使ってつくり上げるケースなど、パターンは様々です。自社サイト型は自由度が高い半面、決済システムやセキュリティシステムなどを自前でつくる必要が生じます。
ユニクロ、アップル、無印良品

モール型ECサイトの特徴と出店メリット

まず、モール型ECサイトのメリットは、

①モール自体に集客力がある
②お客さまから信頼してもらいやすい
③モールからのサポートを受けられる
の3つです。

特徴としてはモールのブランドが集客をしてくれるので、ECサイトを開設したばかりでも比較的カンタンに集客できます。

また、集客以外にもモールがネットショップの運営からのサポートがあるので、売上アップに期待のできる側面もあります。
さらに下記のようにモールの種類別でもそれぞれの特徴があります。

楽天
【流通総額】3.4兆円(2018年)
【会員数】9,870万人(2019年3月)
【商品点数】約2億点
【得意商材】グルメ、スイーツ
【強み】①ユーザー層30代~40代女性が多い
②定期的な大型イベント開催
③他社にない精巧なポイント制度

YAHOO!
【流通総額】6,300億円(2018年3Q)
【会員数】1,979万人(2017年)(2019年3月)
【商品点数】約2.7億点
【得意商材】低価格、お試しグルメ、型番商品
【強み】①Amazon,YAHOO!に対して40代以上のユーザー層が多い。
②自社の企業サイト、独自に運営しているECサイト、SNSなどのほか、他モールへもリンク可能
③出店料は無料などローリスクで出店(事業がスタート)できる。

Amazon
【流通総額】1.5兆円(2018年)
【会員数】200~300万人
【商品点数】約1億点
【得意商材】本、家電、日用品
【強み】①物流網の整備を完全に自社で行っている
②「Amazon Prime」で映画や音楽が好きなユーザー層の獲得(2018年の4月で会員数が1億人)
③他モールと違い、商品メインの出品型のページ構成。
ブランディングしにくいという側面があるが、ユーザーの利便性はその分上がる。

自社ECサイトの特徴とメリット

自社ECサイトは、集客を自分達で行わなければならない分、プロモーションコストがかかりますが、好きなWEBマーケティング施策を主体的に行なうことが可能です。
メリット1:利益率が高い
自社でECサイトを運営する場合には、出店料や売上に対する手数料などのコストは発生しません。ASPやオープンソースを利用すれば初期費用を抑えることができ、ECサイトを立ち上げた後は基本的にはシステムの保守費のみで運営することが可能です。また、モール型ECのように値下げ合戦に陥る可能性も低く、総合的に高い利益を確保できます。

メリット2:ショップのブランディングができる
自社ECでは、サイトのデザインに制限がありません。商品ページのレイアウトや注文画面、マイページなどを自社のテイストに沿って自由に構築すれば、モール型ECでは認知されにくいショップの名前やブランドイメージをしっかりとアピールすることができます。

メリット3:リピート率の向上を図りやすい
モール型ECではモール側が顧客情報を管理するのに対して、自社ECでは顧客情報は店舗の所有物になります。サイトを細かく分析しながらコンテンツを充実させ、過去に購入履歴があるお客様一人ひとりに対して販促活動を行えば、リピート客や優良顧客を増やして利益を生み続ける仕組みをつくることができます。

まとめ

モール型ECサイトについて、自社ECサイトについてとモール型ECサイトについてまとめました。

おさらいすると、モール型ECサイトのメリットは3つ。

①モール自体に集客力がある
②お客さまに信頼してもらいやすい
③モールからのサポートを受けられる
の3点でした。

一方自社ECサイトのメリットは
①利益率が高い
②ショップのブランディングができる
③リピート率の向上を図りやすい

ぜひ自社に合ったECサイトを運営してください。

関連:MONGORoid
Shopify ブログ
ECのミライを考えるメディア

 

関連記事

  1. 動画の差し込み方法

  2. 楽天スーパーSALEで準備しないといけない事

  3. 楽天で売れる日

  4. 毎日見るべき数字

  5. セール企画  セールを効率よく効果的に!

  6. 夜中のデータ更新に困っていませんか?FTP Rushの使い方

最新のブログ

2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Instagram